こんばんは。


わたくしは35歳の女性です。

職業としては自営業(フリーランス)をしております。

今日はわたくしの息子が七五三の時の写真撮影についてのエピソードを書いていきたいと思います。

宜しくお願い致します。

七五三に際して」 七五三とは男の子は3歳と5歳に祝う行事となります。

わたくしの息子が幼稚園の年長になり、5歳になった11月の半ばの事でした。

わたくしは「さて^^近所の写真屋さんに七五三写真撮影に行くよ!」と息子に言うと、「えぇ。

面倒くさいからいいよ。

行かない」というのです。

(笑) 「こらこら!ダメだぞぉ。

凛々しい男の子じゃないと女の子にモテないぞぉ~」というと、「うん!行く!」(な、なんて単純なんだ(笑)) そんなこんなで息子を連れだす事に成功しました。

「写真屋さんにて」 わたくしの家は街中にありますので、結構アクセスが良い立地にあります。

徒歩で7分くらいで写真屋さんに到着をしました。

わたくしは事前に予約をしていたので、「予約をしている●●ですが」というと、「●●様ですね^^」と言われ、すぐに写真撮影に入る事ができました。

羽織袴を着用する息子が、中々凛々しい男の子だったので、とても嬉しかったです。

(親ばかですね。

(笑)) これでOK!とわたくしは思ったのですが、スタッフの方が、「う~ん。

ちょ、ちょっとお待ちいただいていいですか」といい、バックヤードに行ってしまいました。

するとバックヤードから持ち出したのが、蛇の目傘でした。

「●●様のお子様は凛々しいので、蛇の目傘がお似合いになると思いまして」という事で、羽織袴と蛇の目傘で撮影をしました。

後日できた写真を見たところ、とてもカッコよく撮影されておりましたので、大満足でした。

やっぱり母親としては、息子がカッコよく撮影されているのは、嬉しいものです。

 

カテゴリー: 七五三